カテゴリー別アーカイブ: 試食&試飲

【緊急告知有】パナソニック「肉の丸焼き機」にはコレ試したい!


 

パナソニックの家電CMで西島家のホムパに呼ばれた一見、強面の遠藤憲一さんが満面の笑みを浮かべながらスマホで撮影しているのが「ロティサリーグリル&スモーク」。それにしてもinstagramに投稿している遠藤さん、全く想像つきません(笑)。これは調理器具で以前から海外に存在している「肉の丸焼き機」をボタン一つで誰もが簡単に調理できるよう進化させたもの。研究社新英和中辞典によりますとロティサリー(rotisserie)とは「回転肉焼き器」という意味でこれを使った有名な料理がロティサリーチキンです。2017年11月に発売して以来、かなり売れているようで販売計画の150%で推移しているらしいです。パナソニックが「肉の丸焼き機」を出せたワケ



確かにここ数年、熟成肉、肉バル、「いきなりステーキ」など特徴ある肉のレストランなど、食分野で肉が注目される機会がかなり増えている気がします。しかし、今日ご案内したいのは「ロティサリーグリル&スモーク」という調理器具そのものではなく、この調理器具を使って肉を最高に美味しく食べる方法です。ということで既にお買い上げになった、或いは現在購入を検討している「美味しく肉を召し上がりたい」お客様は必見です!では美味しく食べる方法をご案内する前にまずは準備から。

 

ロティサリーグリル&スモークをどうやって手に入れるか?
ロティサリーグリル&スモークそれなりにお値段が張る調理家電です。試食に使う目的なのでパナソニックさんに貸して貰おう!と思い立ち広報部に電話して趣旨をご説明させて頂き、お客様相談センターにて貸し出しをご検討して頂きました。数時間後。。。

無事にお借りすることができ・・・ませんでした!プレスならともかく一企業には貸し出ししていないようで丁寧にお断りされてしまいました。となると、最後の選択肢はただ1つ「購入する」です。まあでもこの調理器具を使ってこれからあれこれ語ろうっていうんだからやはりちゃんと買わないと、ですね。

 

早速、ローストビーフとローストポークを作ってみた
付属のレシピ本によれば色々な料理が作れるようですが、今回はあえてシンプルにローストビーフ、ローストポークを作ることにしました。スモークは今回は検証していないので別の機会に。ローストビーフもローストポークも要するに決められた時間だけ回転させて焼くだけなんです。

タイトルにある「コレ試したい」の「コレ」とは、、、「プロフーミ ディ カストロ コラティーナ」というオリーブオイルです。

ではレシピ、試食をレポートします。

 

1.レシピ (ローストビーフ&ローストポーク共通)
(1)牛肉肩ロースの塊に塩、胡椒、オリーブオイルをかけて30分程度置く。
(2)この調理器具にセットして説明書の指示通りにグリル開始。(この辺割愛します)
(3)オリーブオイル「プロフーミ ディ カストロ コラティーナ」、塩をかけて食べる。


2.試食 (ローストビーフ&ローストポーク共通)
・外は焼き目が付き肉汁が保たれたまま中がしっとりと柔らかく仕上がりました。
・スパイシーなオリーブオイル「プロフーミ ディ カストロ コラティーナ」や塩と食べると肉の旨味がグンと引き立ちました。オイルが肉に負けていません。


 

4.「プロフーミ ディ カストロ コラティーナ」の特徴となぜ肉に合うのか?
・10月下旬から収穫した成熟していない緑のままのコラティーナ種オリーブ果実のみを原料としており、グリーンの香り、お茶の苦み、大根おろしのような辛さが強く感じられます。
・肉に合うオイルとして「オリーブオイルで絶品!肉料理(小学館)」にも紹介。
・単体ではピリッとスパイシーで苦みが強いオイルですが、牛肉、豚肉、ラム肉といったパンチの強い食材と合わせると肉の旨味を引き出してくれます。

 

 

5.ロティサリーグリル&スモークの「良い・悪い」
[総評] 庫内にきちんと肉を設置して調理の設定さえできれば完成まで何もしないで良いので簡単で料理の完成度も非常に高いレベルである。
・肉の厚さと焼き加減の好みにより規定時間にプラス7-8分程度焼き時間を延長したところ、丁度良くなった。
・庫内に肉汁が飛び散ったりすることが無いのでお手入れがとてもラクです。
・調理中に嫌な臭いが出ません。
・洗浄時に「ロティかご」の格子状の針金に付いた肉を取るのが唯一面倒な作業である。

 

6.最後に
最初は借りて済ませようとしていたロティサリーグリル&スモークですが、当たり前ですが買って大正解でした。ローストポークに至っては最初に撮影して以来、更に2回作ったほどお気に入りの1台です。

 

【緊急告知】

「パナソニック ロティサリーグリル&スモーク」と「コラティーナ」で美味しく肉を食べたいあなたに!                  コラティーナ100ml無料お試しモニター募集   ※締め切り3月12日(月)

< 応募条件 >
(1)20歳以上で「パナソニック ロティサリーグリル&スモーク」をお持ちのユーザー様。
(2)商品を自宅で試食して、レポートと商品撮影画像を、コラティーナ100ml到着日から7日以内にブログやSNSに投稿して下さる方。

<応募方法>
下記(1)~(5)をinfo@bioissimo.jpまでお送り下さい。結果は追ってお知らせします。
(1)パナソニック ロティサリーグリル&スモークの購入場所/時期
(2)住所
(3)氏名
(4)メールアドレス
(5)ご投稿予定のブログ、SNSアカウント(1つでも複数でも可能)

カテゴリー: オリーブオイル, 試食&試飲 | コメントをどうぞ

イタリア人も実践!バルサミコ酢の美味しい食べ方【スイーツ編】


 

ミラノからブレシアに向かうフレッチャロッサ(新幹線)車内で夕食用に仕方なく買った何の変哲もないサーモン&エビの寿司。

お値段はこれで何と約2,000円!

Wikipediaによりますと寿司の語源は;

「すし」の語源は江戸時代中期に編まれた『日本釈名』や『東雅』の、その味が酸っぱいから「酸し(すし)」であるとした説が有力である。

地域性(柿の葉、大阪など)、具材(生の魚、酢でしめた魚、油揚げ、野菜など)によって様々な寿司がありますが、やはり酢飯であることが寿司の最大の特徴と言えるようです。このように日本人にとって相当になじみ深い酢ですが、バルサミコ酢となると全くと言って良いほど食べ方って浮かんできませんよね?ということで今日は「どうせイタリア料理だけでしょ?」とスルーされがちなバルサミコ酢の、掛けるだけで美味しくなる食べ方【デザート編】をお送りしたいと思います。

 

さっそくデザートの美味しい食べ方をご紹介
これを読んで頂ければバルサミコ酢をデザートで美味しく頂くことができるようになって使い方の幅が広がりますよ~。知ってると知らないでは大違い!私としてもイタリア人が食べている方法を是非、日本の皆様にもお伝えして米酢、穀物酢のように気軽にバルサミコ酢を利用して頂きたいと思っています。

(1) イチゴ
日本のメジャーな食べ方、練乳のようにイタリア人はバルサミコ酢を掛けます。
イチゴにシャンパンが定番なのですが、イタリアなのでスプマンテに合わせて。


(2) 白桃
旬ではないですが、皮を剥いた白い桃にバルサミコ酢を少し垂らすとこんな感じ。

(3) バニラアイスクリーム
バニラアイスクリームの甘さと爽やかな濃厚なぶどう果実のマリアージュが最高です。

(4) ヨーグルト
バニラアイスクリームと同じく乳製品なので合わない訳がありません。但し、比重が重いので沈んでしまい見えにくいので掛け過ぎにご注意を。


(5) ベイクドチーズケーキ
同じく乳製品のチーズを使ったデザートにも。バルサミコ酢はブルーベリーやラズベリーのソースより酸味が少なく、ベイクドチーズケーキの風味が引き立ちます。

 

どんなバルサミコ酢でもデザートが美味しくなるワケじゃない!
ご紹介させて頂いた食べ方は私ももちろん実践済で今までご案内させて頂いたお客様にも美味しかった!とのお声を頂戴しております。但し、本日ご案内した食べ方にはどんなバルサミコ酢でも合うワケではなく「ぶどうだけを使ったバルサミコ酢」がおすすめです。デザートに合うバルサミコ酢のポイントは大きく分けて3点あります;

1.ぶどう果実だけを原料としているのでデザートに馴染みやすい。

2.ワインビネガーを加えて熟成させているタイプが多い中、ぶどう果実だけを熟成させているので尖った酸味が少ない。

3.ドロッと濃厚でシロップ、ハチミツなどの甘味料に似ていて掛けやすい。

 

コレがデザートに合うバルサミコ酢だ!
バルサミコ酢は、酢に馴染み深い日本人にはとっつきやすい調味料だと思いますので、この機会にまずはデザートからお試ししてみてはいかがですか?

ぶどうだけを使ったバルサミコ酢はビオイッシモでもお取り扱いしています。

今後、デザート以外の食べ方についてもご案内させて頂きます!

カテゴリー: バルサミコ酢, レシピ, 試食&試飲 | コメントをどうぞ

伊勢丹・三越に出店して分かった催事の上手な使い方


百貨店の売り場には固定の「常設」と期間限定の「催事」の大きく分けて2種類があります。催事と言ってまず筆頭に挙げられるのは特定エリア・場所の名産品を販売する物産展で食品が主流です。電車のつり広告などでもよく見かける「北海道物産展」、「全国駅弁大会」のようなアレです。普段、ほとんど百貨店には行かないのに物産展の広告を見ると行ってみたくなるという方も多いと思いますので催事が来店のきっかけにもなっているのでしょうね。言われてみれば百貨店の催事フロアーはほとんど上層階にあることが多いのでせっかく催事に来たんだからついでに別のフロアも見てみようかとなるでしょうしね。物産展の対象エリアは日本国内だけはありません。国ごとに旬の食材や最新ファッションを集めた「〇〇展」(〇〇には国名が入る)という催事もあります。私たちは取扱商品が全てイタリア産であることから、2017年9、10月に開催された伊勢丹新宿店、銀座三越のイタリア展(正式には銀座はイタリアフェア)に初めて出店させて頂きました。

〇の中の筆文字は創業時からのトレードマークのようです。



こちらは2010年に増床になった銀座三越新館。インバウンド消費がひと段落ついているようなことも聞きますが銀座の街はまだまだ中国人や韓国人などのアジアからの観光客が多い気がしますね。



今回は三越伊勢丹ホールディングスの旗艦店3店舗(伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、銀座三越)のうちの2店舗で、中でも日本一の売り上げを誇る伊勢丹新宿店のイタリア展は日本最大級と言っても過言ではなく、私もかつて何度か訪問したことがあり、レアな食材をゲットしていました。今回は出展者だったのでお買い物全く無しだったのが残念でしたが、百貨店催事に出店してみて分かったお客様にとって「コレ使える」というポイントを纏めてみました。ちなみにこの画像は伊勢丹新宿店の様子。



 

百貨店催事を有意義に楽しむには?

【その1】比較的空いている開店直後or調味料は食事時を狙いましょう

空いている時間帯は販売員に色々質問しながらじっくり決められます。特に平日で天気の悪い日だとホントに空いています(笑)。逆に土日祝日の日中はかなりの大混雑になり、十分なご説明をさせて頂けない場合もございます。また、調味料に限ってはホントに不思議なことに食事時になるとなぜか空いてしまうことが多いのでこの時間帯もお勧めです。店頭から拝見した限りでは空腹時には無意識にボリュームのある食品を品定めされているように感じます。スーパーマーケットで節約するには空腹で行かないこと!とかよく言われているので同じ理屈かも知れません。

 

【その2】販売員に美味しい食べ方を説明して貰いましょう

まだ巷に溢れていない商品は勿論のこと、お馴染みであってもせっかくの機会なので美味しい食べ方を聞いてみて下さい。特に調味料はそれだけで食べることの無い食材で、食べ方次第で評価が変わってきてしまいます。私たちもせっかくお買い上げ頂いたのに使い道が分からずに結局キッチンの「オブジェ」になりませんよう、もしお時間があればご説明させて頂くようにしております。お買い上げ頂いたお客様のinstagramの中にも「熱心な販売員さんがいるココにしました」とコメントを頂戴しておりホント嬉しい限りです。

 

【その3】気になる食材は遠慮なく試食しましょう

気になる食材は遠慮なく味見してみて下さい。ちょっと違うかなと思われたら次のお店に行ってしまって良いのですから。特に私たちが扱うような調味料については普段、あまり気にしたことが無い方も多いかと思いますので、色々なお店が一堂に会する催事で試食して決めるのは絶好の機会かと思います。そういえばバルサミコ酢が苦手というお客様が試食してみたらイメージしていたバルサミコ酢と違って美味しい(SUPREMO)とお買い上げになり、後日プレゼント用にと再来店頂いたこともありました。

 

催事とネットの使い分けで楽しく、ラクにお買い物

今、百貨店が苦境に立たされていて日本全国で店舗の閉鎖が相次いでおり、その主な原因はAmazonを筆頭とする私たちのようなネット通販の台頭によるものと言われています。
ネット通販を運営している私たちが言うのもなんですが、やはり実際に手に取って、試食をして商品を感じることができるという点では確かに百貨店にアドバンテージがあると思います。「百貨店催事の上手な使い方」は実際に手に取れる催事ならでは。一方、既に知っている商品については(重い商品ならなおさら)ネット通販でラクに届けてもらうという選択肢が浮上します。私たちは2011年頃からアメリカで注目されているオムニチャンネルという環境を目指したいと考えています。

Weblio辞書によれば;https://www.weblio.jp/content/オムニチャネル

オムニチャネルとは、実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、および、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現することである。(中略)オムニチャネルの「オムニ」とは「すべての」「あらゆる」という意味をもつ。いくつかの販路を組み合わせて提供する取り組みはマルチチャネルとも呼ばれるが、オムニチャネルはあり得る全ての販路を統合することに焦点が置かれている。

年に数回の百貨店催事では、場合によってはネットには出ていない新商品も含めて自由にご試食をして頂いたり、食べ方を知って頂く場にしたいと考えています。そして味が分かったお客様は今後はネットでまたご注文を頂き、新商品が出てくる次回の百貨店催事が近づいてきたらご案内してまたご来店頂く。このようにウェブ販売と百貨店催事が補完していける仕組みを作っていきたいと思っております。
ということで3月にも新宿、銀座ではありませんが、首都圏の百貨店催事に出店予定です。詳細については別途、お知らせします!

 

カテゴリー: オリーブオイル, バルサミコ酢, 試食&試飲 | コメントをどうぞ

魚の缶詰にオリーブオイルを掛けたら劇的に美味しくなった!!


 

缶詰にオリーブオイルと菜種油、オレガノを掛けて食べるとレトルト臭さが抜けて美味しく食べられるという商品が発売されたようです。オリーブオイルの美味しい食べ方を追い求めている私としてはこれは見逃すわけにはいきませんwwこの新製品ではオリーブオイルに菜種油を合わせてそこにオレガノを隠し味にしているようですが、やはり美味しいオリーブオイルは他のオイルと混ぜることなく単独で使った方が絶対引き立つと思い、この新製品をヒントにオリーブオイルとオレガノを使って缶詰の魚4種を一気に食べ比べしてみることにしました。

魚の缶詰を探しに近所のスーパーに行ってみると種類が豊富で正直ビックリでした!!結局、用意したのは以下の4種。あと例によってこちらのオリーブオイルと、スーパーでよく見かけるS社のオレガノ(小瓶)

  • オイルサーディン(いわしの油漬け)
  • さばの水煮
  • 鮭の水煮
  • 味付け焼きさんまのゆず風味
kanzume1

 

魚の缶詰にオリーブオイル&オレガノでここまで変わる!

さんまは味付けや蒲焼しか無かったので仕方なかったのですが、それ以外は水煮を選んで正解でした。では私が個人的に美味しいと思った順に書いてみたいと思います。

 

第1位:オイルサーディン(いわしの油漬け)

ダントツでこれはすっごく旨いです!!いわしの油漬けは海外ではオイルサーディンと呼ばれています。さっぱりした魚なのでオリーブオイルとの相性も良さそうです。見栄えもかなりイイ!!スーパーには最初からオリーブオイルに浸けてあるオイルサーディンまで売っている位だから合う筈なんです。

kanzume_iwashi_convert_20141029153115

 

第2位:さばの水煮

さばも脂が乗ってはいますがオリーブオイルには合いました。オリーブオイル&オレガノを掛けると立派なお料理に変身してしまいました。

kanzume_saba_convert_20141029153211

 

第3位:さけの水煮

さけ(実際はさけじゃなくてますのようですが)自体は美味しいのですが、他の魚に比べてクセがある味なのでオリーブオイルとはどうも合わない気がしました、、、とはいえ普通に美味しく食べられます。

kanzume_sake

 

第4位:味付けさんまのゆず風味

甘辛い味付けはオリーブオイルには合わないと思いつつも一応、食べてみると不味くはないが、やはりこの食べ方で2回目は無いなという印象。やはり水煮じゃないとオリーブオイルの良さは出にくいと実感。

kanzume_sanma

 

結論
  • オリーブオイル&オレガノを掛けて食べると缶詰特有の匂いが確かに無くなり、ワンランクもツーランクもアップした料理に大変身。一層美味しく食べることができる。
  • この食べ方は味噌、蒲焼などの味付けがなされている缶詰については向かず、シンプルな水煮の方が良いと思う。
今日のランチはこれら開けてしまった大量の魚の缶詰でした。でもこの味が白米に物凄くマッチしましたねホントに(笑)

 

カテゴリー: オリーブオイル, レシピ, 試食&試飲 | コメントをどうぞ

オリーブオイル&アレで作ったお手軽トスサラダが絶品!!


 

 

トスサラダの歯応えがどうも何かに似ていると思ってアレを使ったらどうだろう?と思いついたのが前回エントリーの最後でした。あ、アレと書きましたが、既に前回エントリー時に書いてました。アレとはミューズリーです。実は言ってしまった手前、もし不味かったらやはりこの食べ方は合わなかったと正直に書こうと決めてました。 ドレッシングは失敗してもダメージ少ないから、とにかく思いついたら作ってみる主義で行ってみます。

 

ミューズリーを入れてトスサラダを作ってみる

では試してみます、と言っても混ぜるだけ。昔、さぶちゃん(北島三郎)のあったかご飯に混ぜるだけ~♪というCMがありましたが、こちらは切ったサラダに混ぜるだけ~♪字足らず・・・

オリーブオイル+ビネガー+塩+ミューズリー

という組み合わせで作ってみます。お好みで入れる量は調整してみて下さい。今回、入れるミューズリーはお薦め順に以下のようになります。

(1) エルサンク・ジャポン フランス産有機シリアルビオミューズリープレミアム

大麦以外にコーンフレークや他の穀物、ナッツが入っていて食感がとても良いです。また、レーズンを含めたドライフルーツも豊富に入っていてサラダには実に合います。食べにくいとミューズリーには一切見向きもしなかったうちの家族がこれは美味しく食べられると、作ったサラダをバクバク食べていました。

toss_3

 

(2) エルサンク・ジャポン フランス産有機ブランチップス

これはブランチップスの1種類だけなのですが、サラダに良いとパッケージの裏にも書いてある通り、カリカリと食感が良くてシーザーサラダのクルトンのような役割を果たしていて食べていて楽しいです。

toss_2

 

(3)エルサンク・ジャポン フランス産有機フルーツミューズリー

こちらもサラダに入れると美味しいです。商品名にフルーツとうたっているだけあってドライフルーツにはレーズンだけでなく、パイナップル、マンゴーなど意表を突いたものも入っています。ドレッシングをかけて少しフルーツがふやけた感じが良いです。

toss_1_convert_20141011223923

 

 

色んな食感が楽しめるミューズリーを入れると美味しい!!

なんだ宣伝か!!と思われてしまうかもしれませんが、美味しいのでぜひ試してみて下さい。ミューズリーは今回のじゃなくても勿論構いませんが、今回の商品のように砂糖が入っていないタイプを選んだ方がサラダには合います。ドライフルーツやナッツなど大麦以外が豊富に入っている方が食感が楽しいかと思います。ミューズリーで美味しいトスサラダをぜひ作ってみて下さい。

 

さて、今回使った材料を下記しますのでトスサラダを作る場合の参考にしてみて下さい!!

オリーブオイル

サンジュリアーノ イタリア産有機・フルッタート・エキストラバージン・オリーブオイル250ml

ビネガー

アルチェネロ イタリア産有機アップル・ビネガー(醸造酢)250ml

ミューズリー

エルサンク・ジャポン フランス産有機シリアルビオミューズリープレミアム480g

エルサンク・ジャポン フランス産有機ブランチップス200g

エルサンク・ジャポン フランス産有機フルーツミューズリー330g

 

カテゴリー: 試食&試飲 | コメントをどうぞ

粉ドレッシングで作る簡単トスサラダに新メニューを思いつく!!


 

 

ここ数年、トスサラダという名前のサラダをよくデパ地下の惣菜コーナーで見かける気がします。goo辞書によればトスサラダとは;

《tossは軽く投げるの意》ボウルに野菜とドレッシングを入れて和えたサラダ。上からドレッシングをかけるよりも味がよくなじみ、また、ドレッシングも少なくてすむため、油分や塩分の摂取量をおさえることができる。トスドサラダ。

マックのサラダなんかもフタ付き透明容器に入った生野菜にドレッシングをかけて振って食べると味が均一化して美味しかったりします。この食べ方もトスサラダの一種かと。

mac sarada

※マクドナルドサイトからお借りしました。

このトスサラダを美味しく食べるためのドレッシングが巷で流行り始めているようなんです。

 

トッピング入り粉ドレッシングが流行っているらしい

日経トレンディーによれば、サラダ用ドレッシングのマーケット規模は約770億円弱といわれ、サラダ人気によりここ数年ずっと前年を上回る伸びを見せているらしい。2013年の売り上げも前年比約103%、しょうゆ、みそなどの基礎調味料の家庭消費量が減少し続けるなか、ドレッシングの消費者購入額ベースの伸び率は2010年からの2年間で109.1%とのこと。しかし、こんなに人気のサラダなのにメニューがマンネリ化しているのが悩みのタネらしいのです。そこで出てきたのが「トッピング入り粉ドレッシング」という新ジャンルドレッシングのようなのです。特徴は;

  1. 液体じゃない粉のドレッシング
  2. 食感のあるトッピング
よくかき混ぜて先ほど言ったトスサラダにして食べるようです。今年の2月に味の素から発売されたトスサラという粉ドレッシング。トスサラの後には小さく®が付いています、つまり商標登録までしているということで味の素の気合を感じます。ちなみにウェブサイト上にも出てくる「粉ドレ」という造語も®が付いています。それにしても相変わらず省略形好きだなあ日本人・・・でパッケージは昔の三角牛乳みたい(古っ!!テトラパック??)でワクワク感あります。肝心の味はどうなのか買って調べて見ました。 そういえば最近ではCMまで始まってるようでして。

toss_convert_20141006173404

※うーん・・・画像暗すぎだった(^_^;)

 

3種の試食コメント

どれも歯応えある食感がサラダを楽しくさせてくれるのですが、正直言ってどれも少々甘過ぎる気がします。でも安く、簡単に食感に変化のあるサラダを楽しめるのでそれでもアリかなと・・・では感想です。

 

イタリアン・バジル味(全粒粉入りクルトン+アーモンド入り)※黄緑色パッケージ

個人的には3つの中ではこれが一番美味しく感じます。クルトンがシーザーズサラダを思わせます。

toss1_convert_20141006173432

 

まろやかな京風ゆず味(ひじき+バリバリれんこん入り)※黄色パッケージ

ほのかに香るゆずとれんこんのカリカリ感が楽しい。

toss2_convert_20141006173458

 

すりごまガーリック味( 紫いもチップス+パリパリわかめ入り)※赤色パッケージ

紫いもチップスが珍しい食材です。ただ、紫いもに海藻系が合っているのかなあと(^_^;)名称にガーリックとありますが、そんなに強くないです。

toss3_convert_20141006173520

 

そうだ!!アレ入れてトスサラダ作ってみよう

コレ食べて思ったのが、サラダに入れる食感がポイントだったらナッツやレーズンがふんだんに入ったミューズリーとオリーブオイル、ビネガー、塩、レモンあたりをセレクトしてよくかき混ぜてトスサラダにしたらドライフルーツの自然な甘さに自分の調味料で味付けできて美味しいんじゃないか?今日の企画は時短優先なのは分かっているのですが、こだわる方向けにということで(でも面倒じゃないと)早速、近いうちにレポートします!!

 

カテゴリー: 試食&試飲 | コメントをどうぞ

イタリア製パスタマシンで初めて作った生パスタのモチモチ感が凄い!!


 

 

とうとう作ってみました手打ちパスタ。イタリアでは長いパスタ(日本でもお馴染みのスパゲッティーに代表されるロングパスタ)と色々な形の短いパスタ(先日訪問したプーリア州のオレキエッテに代表されるショートパスタ)があり、まだまだ沢山の種類の日本であまり馴染みの無いパスタがありそうです。それと形状もさることながら乾燥麺か生麺かという違いもあります。イタリアではマンマ(お母さん)が手打ちパスタを作ってくれるようで、これが日本でいう「おふくろの味(??)」のようなのです。実は手打ちパスタを作ってみるというのはずっと前からやってみたかったことだったのですが、うまくできるか疑問で今ひとつ踏み切れないでいました。でも先日のイタリア訪問とフィリップス社から発売されたヌードルメーカーに影響を受けてパスタマシンを購入してしまったことはコチラで書きました。簡単に作れそうで見た目もカッコイイのでイイなあと思ったのですが、ラーメン、うどん、パスタなど大抵の麺が簡単に作れるという触れ込みが逆にピンと来なくてやはり本場、イタリア製パスタマシンにしたということなんです。

 

イタリア製パスタマシンとはこんな機械だ!!

フィリップス社のヌードルメーカーは粉を打って生地にするプロセスを含めて原材料投入から製麺まで一気にマシンが働いてくれるのに対し、イタリア・アトラス社のパスタマシンはパスタ生地だけは人の手でこねてから生地を伸ばし、決めた太さに切るところだけを電動マシンが働いてくれる。ここが一番の違いです。(この工程は結構デカイことが後に判るのですが・・・。)説明書は日本語を含めxヶ国語で書かれていますが、あまり詳しく書いてありません。そんなに複雑な機械じゃなさそうなので原理を知るためにまずは色々な角度から眺めてみます。本体は大きく3つにわかれていました。

pasta_0_convert_20140825140043

※写真は左から(a)(b)(c)の順

(a) パスタを生地から2つのローラーで挟んで伸ばす部分
適当な厚さに切った手打ちパスタ生地をローラーとローラーのすき間を通して伸ばすのですが、このすき間の幅はつまみを回すことにより調整できる。つまみの数字を変えて何回かこのすき間を通して決めた厚さにする。その際に左上に空いている穴に(c)の電動モーターにある出っ張りを入れて固定して使う。

(b) 伸ばしたパスタを好みの太さの金型を通して最終製品にする部分
(a)で通した厚さのパスタ生地を金型を通して押し出されて麺が出てくる部分で(a)の部分に接続する形になっている。真ん中のシルバーの機械。ここに左右に穴があるので(a)で伸ばした麺をパスタにする際に使う金型の箇所の穴に電動モーターを入れて使う。1機械に2金型が付いている。

(c)電動モーター部分
このモーターは後付であり、本来付いている手動で回すための取っ手もマシンに同封されていた。モーターが飽きたら(??)手動でも動かせます。

 

生パスタ作り開始!!

材料
Ⅰ.パスタ
デュラムセモリナ粉400g/袋、薄力粉、卵Mサイズ4つ、打ち粉(強力粉)80g

Ⅱ.ソース
明太子パスタ
明太子、バター、生クリーム、白ワイン(これらをかき混ぜる)

ジェノベーゼ
市販のジェノベーゼソース

 

作り方

(1) デュラムセモリナ100%粉400g/袋(写真)に卵4つを入れてよくこねる
(2) 冷蔵庫で30分寝かす
pasta_1_convert_20140825140117

(3) 包丁で約1cm幅に切る。
pasta_2_convert_20140825140147

(4)マシンに通して伸ばす。(aにcを付ける)

pasta_3_convert_20140825140218

(5) 通した伸ばしたパスタを金型に通して好みのパスタにする(aに付いていたcを外してbに付け替える)

pasta_4_convert_20140825152345

(5) くっつかないように打ち粉をまぶす。
(6) 沸騰したお湯がたっぷり入ったパスタ鍋にほぐすように麺を投入する。
(7) 3分位(お好みで硬さを調節)でお湯からあげる。
(8) 今回は明太子&バジルの2色のパスタにしてみました。
pasta_5_convert_20140825152558

※書き忘れましたが、初めてこのマシンを使う場合には何回かマシンに通して機械の油、汚れを取ってから食べるための生地を通すこととありましたので強力粉と水で作った生地を数回、(b)(c)のマシンに通しました。

 

生パスタ試食&作り終えて

今回は明太子とジェノベーゼに合う細めのパスタにしたのですが、ソースもよく絡み、食感がモチモチして喉越しも良く、麺のコシも初めて作ったにしては悪くない(出た!自画自賛!!)ような気がしました。それにしても一番大変だったことは、様々な麺作りに共通して言えることかもしれませんが手打ち麺をうまくまとめるところでした。卵だけでは水分が少なすぎたのか良くまとまらなかったので水分を少しずつ足しながらようやく出来上がりました。

 

今後の課題

今回、初めて作ってみて気になる点が幾つかあったのでその辺をクリアにして再度、チャレンジしてみたいと思います。

(1)縮れた麺
パスタが黄色っぽくて縮れていて何だか冷やし中華とか焼きそばの麺に似た印象です。味はパスタなのですが。改良の余地はあるような気がします。例えば手打ちして作ったパスタ生地を寝かす時間なのか、切り方の問題なのか、パスタ生地をローラーを一気に伸ばすのではなく、つまみの目盛を少しづつ変えて徐々に伸ばしていくべきなのか・・・

(2)作った麺同士がくっつく
粉から生地をまとめるのに思いの他、時間が掛かりました。記事が乾燥しすぎているとうまくまとまらないので水分を少し加えながらまとめました。最初にパスタ生地をマシンのローラーを通したら延ばされて結構生地が長くなってしまうんです。でこれをパスタの細さに切る前に何回かに折り畳んで置いておいたらいざ、パスタの細さに切る時に全部くっついてしまった!!残念ながらせっかく延ばした生地は全部やり直ししました。で今度は長く伸びた生地はそのままで置いておいてパスタにしました。

 

カテゴリー: 試食&試飲 | コメントをどうぞ

クックパッドのレシピで作る超簡単スムージーにこんな落とし穴があった!!


 

 

相変わらずスムージーが流行っているようですが、定義を知っているようで知らなかったので早速調べてみました。

Wikipediaによれば;

スムージー(英: Smoothie)は、凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物。クラッシュドアイス(砕いた氷)を使用したフローズンドリンクやフローズンカクテル、アイスクリームと牛乳で作るシェイクなどにも似ているが、こちらは材料そのものを凍らせて使用する。

なるほど凍らせた材料を使うのがポイントのようです。でも巷に売っているスムージーはドロっとした食感ではあるのですが、凍っていないものも・・・まあ、とにかく粘度のある飲み物であると。今日は手に入れやすい材料を使って自宅で簡単に作れるスムージーを作ってみたいと思います。

 

トラブル発生!!ミキサーが動かない?!

本当は昨日、エントリーしたかったのですが、最初に作ったバナナとオレンジジュースのスムージーのあまりの粘度の高さにミキサーがウンともスンとも言わなくなりついに逝ってしまって完了できませんでした!!この高粘度の原因はクックパッドのやり方を無視して自分で勝手に材料の処理方法を変更したことだと思われます。具体的には材料で使うもの:冷凍バナナ、オレンジジュースとありますが、そのうちオレンジジュースも凍らしてしまったのです。そのおかげでかなりドロドロの液体になり、ミキサーの刃が中で回らなくなったようなのです。何回かトライしてもどうしても復活しないのでこれは壊れたと・・・仕方なく新しい商品に買い換える決心をして注文する寸前に何気なく見つけたミキサーの底にあるリセットボタン。これで動いたりして・・・なんて考えながらスイッチを押してみたら見事に復活してしまいました。ということで本日引き続きこのミキサーを使って残りのスムージーを作りました。

 

簡単スムージーを作ってみる

今日は果物と果汁100%ジュースの組み合わせでお手軽に作ってみたいと思います。例によってクックパッドから以下の3種を選んでみました。

1.バナナ✕オレンジジュースのスムージー
参考レシピ:http://cookpad.com/recipe/1185909

材料(2人分)
・冷凍したバナナ 中2本
・オレンジジュース 200cc

作り方
材料をミキサーにかけて数十秒待つ。粗めでやめておくか念入りにかけるかはお好みで。

smoothie_1_convert_20140822162038

試食の感想
酸っぱい飲み物が苦手な方にオススメ。バナナが入るので腹持ち良い。凍ったバナナにオレンジジュースまで凍ったものを混ぜたおかげでデザートっぽい感じになってしまいました。デザートとして食べた方が美味しいかも。

 

2.ヨーグルト✕ぶどうジュースのスムージー
参考レシピ:http://cookpad.com/recipe/894944

材料(3人分)
・冷凍したぶどうジュース 250cc
・ヨーグルト 200cc

作り方
ぶどうジュースをガチガチでなくても良いので凍らせる。凍ったぶどうジュースをミキサーに入れてヨーグルトをドロっとしてきたらやめる。

smoothie_2_convert_20140822162107

試食の感想
ブルーベリーとヨーグルトが合うので間違いの無いスムージーは デザート感覚で楽しめます。あまり粘度が高くないです。

 

3.キウイ✕ピンクグレープフルーツジュースのスムージー
参考レシピ:http://cookpad.com/recipe/1199441

材料(2人分)
・ニュージーランドキウイ 1個
・ゼスプリゴールド 1個
・ヨーグルト 200cc
・1cm角の氷 ご飯茶碗2杯分
・グレープフルーツジュース 100cc
・シロップ(カロリー0) 大さじ1※お好みで

作り方
全ての材料をミキサーに入れて一気に撹拌して終わり。

smoothie_3_convert_20140822162139

試食の感想
クックパッドレシピによればキウイはざく切りがオススメとのことでしたが間違えてそのまま投下・・・。他の2種には糖類は入れていなかったのですが、レシピに入れるよう書いてあったので素直に従いましたが、やはり入れて正解のようでした。ちょっとキウイの苦味みたいな感じは残ります。

 

スムージー作ってはみましたが・・・

繰り返しですが、2種類の材料を両方共凍らせるとミキサーで撹拌する際の故障に繋がるので凍らせるのはどっちかの方が良いかも・・・。材料についてはこんな話もあるので確認しつつ色々試してみて下さい!!

 

☆今回、使った果汁飲料はコチラ!!

今回、使ったヴィタモンのオーガニック100%ストレートジュースは1人用紙パックが200mlなのでスムージーを作るのに適した量になっています。

ヴィタモン フランス産 有機オレンジジュース 200ml

ヴィタモン フランス産 有機レッドグレープジュース 200ml

ヴィタモン フランス産 有機ピンクグレープフルーツジュース 200ml

 

カテゴリー: 試食&試飲 | コメントをどうぞ

2回も失敗して判った!!オリーブオイルマヨネーズを美味しく作るコツ3カ条


 

 

ずっと作りたかったオリーブオイルマヨネーズを休日に早速作ってみました。
基本的に混ぜて終わりの筈なのですぐ終わるかなと思いきや・・・
自分の失敗を棚に上げて言うのもなんですが、クックパッド見ながら作って2回も失敗してしまいました。
失敗の教訓も含めて今日はレポートしてみたいと思います。

 

用意する材料&作り方

クックパッドを参考に少し変えてうまくいったレシピはこんな感じになりました。

1. 用意する材料
・卵黄:1個
・塩:少々
・酢:約5ml
・オリーブオイル:80ml

2. 作り方
・卵黄、塩、酢(半分)をボウルに入れてミルクフォーマーでよく撹拌する。
・オリーブオイルを少しずつ様子を見ながら何回かに分けて投入する。
・酢の半分を入れて撹拌する。

 

 

私はこうして2回失敗した!!

1回目

たまたま見たクックパッドの参考ページには混ぜ方まで細かく描写していませんでした。なので1回目は一気に混ぜて失敗。卵に一気にオリーブオイルを入れたのが原因ではないかと思われます。そのため一体化しないで分離したままになったと。ミルクフォームでしばらくかき混ぜ続けるもクリーミーになる気配が全くない。そうだ!!これは常温だからクリーミーにならないのであって冷蔵庫に入れればマヨネーズらしくなる筈と考え10時間位冷蔵したが、オリーブオイルは分離したままだった。

olive_mayo1_convert_20140722013105

 

2回目

1回目の教訓を活かし、オリーブオイルを少しづつ加えていくやり方に変更。一旦はクリーミーなマヨネーズが出来てきた矢先にレシピを通りに決められた量のオリーブオイルを入れようと必要量の最後の数ミリリットルを入れたのがアダになったのか、或いは最後に気が緩んで投入量が多かったのか、最後にオリーブオイルを入れた途端にオリーブオイルが分離してしまいスープ状になってしまいました。
olive_mayo2_convert_20140722015205

 

美味しく作るコツ&試食結果

正直、ここまで難航するとは思いませんでした。1回目、2回目の教訓を生かして美味しく作るコツを見つけました!!

olive_mayo3_convert_20140722015353

<オリーブオイルマヨネーズを美味しく作るコツ3カ条>

1. オリーブオイルは数滴単位で少しづつ投下、最後に気を抜いてドカッと入れない。
2. 充分過ぎるほど撹拌すること。
3. オリーブオイル投入量にこだわらず、これ以上は危険と思ったらやめておく。

 

<試食結果>

コクとオリーブオイルの苦味があって凄く美味しいです。マヨネーズの色は使ったオリーブオイルより、黄緑掛かっています。スティック状にしたセロリにつけて食べたら美味しかったです。

 

カテゴリー: オリーブオイル, 試食&試飲 | コメントをどうぞ

有名オーガニック専門スーパーのイタリア出店エリアが北部ばかりなのはなぜか?


 

 

イタリアに行ったら行こうと思っていたのが、オーガニック専門のスーパーでした。中でも一番メジャーなのが「naturaSi」というスーパーです。日本でもナチュラルハウスを筆頭に幾つもオーガニック専門スーパーがあるのですが、品揃えはどうなのか?お店の雰囲気は日本の例えばナチュラルハウスなどの大手オーガニック専門スーパーに品揃えが近く、パスタ、小麦粉、チーズ、お菓子、飲料、オリーブオイルなどの食品、化粧品など。お買い物に来ているお客様も30~50歳代の女性中心でやはりナチュラルハウスに近いイメージでした。そういう意味ではイタリアのオーガニック専門スーパーならではの面白さはあまり見つけられませんでした。なので違った切り口からイタリアのオーガニックスーパーを見たいと思います。

naturasi_roma_convert_20140708235923

※ローマ市内のnaturaSi

 
オーガニックスーパーの店舗が偏っている!!

実は今回、どこの店舗に行こうかなと思ってウェブサイト(イタリア語だけ!!でもGoogleの翻訳があるので・・・)を眺めてたら結構、店舗が偏ってるんですよ。
こんな感じです。

si_map
※naturaSiサイトよりお借りしました

てんとう虫が店舗のある都市を表します。ちなみにてんとう虫はイタリアでオーガニックの象徴として使われることが多いようで「naturaSi」のシンボルにもなっています。これを見ると店舗は長靴型のイタリアの半分から上ばかり、特に北部に集中していることが分かります。

大型店舗はイタリア北西部に40%が集中しており、南部にはわずか15%だけという不均衡がある。人口千人当たりの平均売り場面積をみても、北イタリアはスーパーとハイパーをあわせて226㎡であるのに対し、南イタリア・島部は141㎡と大きな開きがあり、今後は、南部を中心にスーパーマーケット店舗の開店が進むとみられている。

出典:イタリアにおけるサービス産業基礎調査 2011年3月 日本貿易振興機構(ジェトロ)ミラノ事務所

オーガニックに限らず、スーパーマーケットは北西部に4割が集中していると。ではスーパーマーケットのあまりない南部の人はどういうところで買物するんでしょうか?このレポートにもあるように総合スーパーとかじゃなくて伝統型小規模店舗(家族経営のお店、多分)で買物をしているようなのです。

 

国民一人あたりの国内総生産(GDP)の分布は・・・

イタリア国立統計研究所(Istituto Nazionale di Statistica:Istat)によればイタリアの2009年1人あたりの国内総生産(GDP per capita)はこちら。イタリアでは昔から経済の南北格差というものが問題になっているのです。小売店舗の数や売り場面積が南高北低なのに対して、国民1人あたりの国内総生産が下記のようにほぼ重なります。(単位:€)

gdp per capita

 

元々、イタリアは「伝統型小規模店舗」が保護・優遇されている政策が取られていたので他のヨーロッパの国よりも「近代型大規模店舗」が発達していなかったが、自由化された1998年以降に「近代型大規模店舗」がGDPの高い北部から発達し、GDPの低い南部の発達が鈍いようです。ということでオーガニック専門スーパーマーケットの出店傾向もエリアGDPの高低とリンクしているという話でした。

 

カテゴリー: オーガニック, 試食&試飲 | コメントをどうぞ