イタリア人も実践!バルサミコ酢の美味しい食べ方【スイーツ編】


 

ミラノからブレシアに向かうフレッチャロッサ(新幹線)車内で夕食用に仕方なく買った何の変哲もないサーモン&エビの寿司。

お値段はこれで何と約2,000円!

Wikipediaによりますと寿司の語源は;

「すし」の語源は江戸時代中期に編まれた『日本釈名』や『東雅』の、その味が酸っぱいから「酸し(すし)」であるとした説が有力である。

地域性(柿の葉、大阪など)、具材(生の魚、酢でしめた魚、油揚げ、野菜など)によって様々な寿司がありますが、やはり酢飯であることが寿司の最大の特徴と言えるようです。このように日本人にとって相当になじみ深い酢ですが、バルサミコ酢となると全くと言って良いほど食べ方って浮かんできませんよね?ということで今日は「どうせイタリア料理だけでしょ?」とスルーされがちなバルサミコ酢の、掛けるだけで美味しくなる食べ方【デザート編】をお送りしたいと思います。

 

さっそくデザートの美味しい食べ方をご紹介
これを読んで頂ければバルサミコ酢をデザートで美味しく頂くことができるようになって使い方の幅が広がりますよ~。知ってると知らないでは大違い!私としてもイタリア人が食べている方法を是非、日本の皆様にもお伝えして米酢、穀物酢のように気軽にバルサミコ酢を利用して頂きたいと思っています。

(1) イチゴ
日本のメジャーな食べ方、練乳のようにイタリア人はバルサミコ酢を掛けます。
イチゴにシャンパンが定番なのですが、イタリアなのでスプマンテに合わせて。


(2) 白桃
旬ではないですが、皮を剥いた白い桃にバルサミコ酢を少し垂らすとこんな感じ。

(3) バニラアイスクリーム
バニラアイスクリームの甘さと爽やかな濃厚なぶどう果実のマリアージュが最高です。

(4) ヨーグルト
バニラアイスクリームと同じく乳製品なので合わない訳がありません。但し、比重が重いので沈んでしまい見えにくいので掛け過ぎにご注意を。


(5) ベイクドチーズケーキ
同じく乳製品のチーズを使ったデザートにも。バルサミコ酢はブルーベリーやラズベリーのソースより酸味が少なく、ベイクドチーズケーキの風味が引き立ちます。

 

どんなバルサミコ酢でもデザートが美味しくなるワケじゃない!
ご紹介させて頂いた食べ方は私ももちろん実践済で今までご案内させて頂いたお客様にも美味しかった!とのお声を頂戴しております。但し、本日ご案内した食べ方にはどんなバルサミコ酢でも合うワケではなく「ぶどうだけを使ったバルサミコ酢」がおすすめです。デザートに合うバルサミコ酢のポイントは大きく分けて3点あります;

1.ぶどう果実だけを原料としているのでデザートに馴染みやすい。

2.ワインビネガーを加えて熟成させているタイプが多い中、ぶどう果実だけを熟成させているので尖った酸味が少ない。

3.ドロッと濃厚でシロップ、ハチミツなどの甘味料に似ていて掛けやすい。

 

コレがデザートに合うバルサミコ酢だ!
バルサミコ酢は、酢に馴染み深い日本人にはとっつきやすい調味料だと思いますので、この機会にまずはデザートからお試ししてみてはいかがですか?

ぶどうだけを使ったバルサミコ酢はビオイッシモでもお取り扱いしています。

今後、デザート以外の食べ方についてもご案内させて頂きます!

カテゴリー: バルサミコ酢, レシピ, 試食&試飲   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です