食べるオリーブオイルを顔や肌に塗る。これってアリなのか?!


 

 

今やオリーブオイルも百花繚乱。様々な国の様々なオイルが出まくっています。ただ、その中で本物が少ないという話は先日の週刊文春の記事にもあった通り。今日はその話ではなく、美容向けのオリーブオイルについてです。男性にとってはオリーブオイルと言えばどう考えても食用しか考えられないという方も多いかもしれませんが、実は美容向けも存在します。メイク落とし、保湿力強化、頭皮マッサージ・・・しかも美容向けに使うオイルといえばオリーブオイルだけではなく、アルガンオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルなど多数出ている「オイル激戦区」で芸能人やハリウッド女優が様々なオイルを使っているという話が伝わってきます。この「オイル激戦区」の中でオリーブオイルといって、よく聞かれるのが「食べるオリーブオイルをカラダに塗っちゃっても良いの?」という質問です。

dreamstime_s_47555143

 

「食べる」オリーブオイルと「カラダに塗る」オリーブオイルはどう違うのか?

まず、「食べる」オリーブオイルと「カラダに塗る」オリーブオイルは同じオリーブオイルの仲間ですが、違う製法で作られています。ここで「食べる」はエキストラバージンオリーブオイルを想定します。その場合、「食べる」はオリーブ果実を搾ってろ過して(あえてろ過しないオイルもありますが。)瓶詰めにしたもの。一方、「カラダに塗る」は高品質でないオリーブオイル(高品質でないのでエキストラバージンとは限らない。産業廃棄物レベルの品質のものもある。)を精製することによりオリーブオイルの大きな特徴である香り、色を取り除いて工業製品化しているので製造プロセスが違うのです。

 

「食べる」オリーブオイルを「カラダに塗る」と何か問題でもあるの?

「食べる」で使われるオリーブ果実は精製しない分、葉緑素(クロロフィルなどの色素)やポリフェノールなど含めたフレーバーや個性がそのままの姿でオイルに含まれているのに対し、「カラダに塗る」は精製されて無味無臭で、上述した微量機能性成分までも取り除かれます。これらの成分は美容向けには不要な成分で、逆に人によっては肌に影響を与える可能性もあるので取り除かれているのだと思われます。
従って「食べる」オイルを美容向けにカラダに塗ることは避けた方が無難です。

dreamstime_xs_41215240

<追伸>
以前も紹介しましたが、家で買った「食用なのに品質が良くない、風味が悪いオイル(精製品ではなく見た目も色が付いていて表示上もエキストラバージンオリーブオイルです!)」はもうどうしようもないので、長靴の艶出しに利用しています(笑)
でもこのようにオリーブオイルを「モノ」に塗る場合は試し塗りしてシミにならないことをよく確認してからにした方が無難です。

 

メソポタミア文明の頃には日差しから守るためオリーブオイル体に塗ってたようでして。http://www.bioissimo.jp/blog/4996/

Posted by Bioissimo on 2016年1月15日

カテゴリー: イタリア, オリーブオイル   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です