【極上有機オリーブオイル直輸入への道2】私のオリーブオイル情報源を一挙公開!


 

昨年からオリーブオイル農園探しをするにあたって、まずはオリーブオイルの知識を身に付けたくて参考書をAmazonで探しても全くと言って良いほど見つかりませんでした!!あっても同じお医者さんが執筆されているオリーブオイルの効果についての本ばかりです。しかし、英語で書かれているという点を除けば、海外であればオリーブオイルについて書かれている本は結構あります。また、ウェブに関しても日本では見掛けませんが、海外では結構あります。(正しい情報かどうか怪しいものも含め)その中から私が使っている本や参考にしているサイトを一挙ご紹介します!!

 

参考図書はコレです

1.日本オリーブオイルソムリエ協会のテキスト  非売品

日本オリーブオイルソムリエ協会の資格であるオリーブオイルジュニアソムリエ、オリーブオイルソムリエの本講座テキストブックは非常に良く纏まっており、私のバイブル存在です。とても役に立つのですが、本講座受講生向けに書かれており、残念ながら非売品です。欲しい場合には受講してみて下さい。

 

2.エキストラバージンの嘘と真実 (Tom Mueller著)  1,944円(税込)

参考書というよりも読み物。エキストラバージンオリーブオイルと言いながら、実際には精製オリーブオイルが混じっていたりと偽装オイルが横行しているという事実が書かれています。昨年、訪問したトスカーナの農家さんも勿論、この本のことはご存知で実態は否定できないようでした。解説は上で案内した日本オリーブオイルオイルソムリエ協会理事長の多田さんです。

EXV

 

3.Handbook of Olive Oil (Ramon Aparicio/John Harwood著)  13,159円(税込)

世界のオリーブオイル生産、貿易、国際オリーブオイル協会についてや、オリーブオイルの酸化、機能食品としてのオリーブオイルなど様々な切り口から書かれています。オリーブオイル生産、貿易の箇所からはオリーブオイル業界全体を把握できます。

HBOOK

 

4.The Extra-Virgin Olive Oil Handbook (Claudio Peri著)  26,631円(税込)

オリーブオイルの生産管理、品質管理、コスト管理などオリーブオイル生産者向けに書かれている本です。高かったのに一部のつまみ読みしかしてません。あまり読む機会はないかも・・・

THE EVOO HANDBOOK

 

 

ウェブサイト

1.オリーブオイル・タイムズ/OLIVE OIL TIMES
オリーブオイルについてのニュース提供。マーケティング、技術など様々な切り口から最新動向がつかめる。

2.  国際オリーブ協会/INTERNATIONAL OLIVE OIL COUNCIL
オリーブオイルを生産する地中海沿岸地域の国がメンバー。日本は加入していない。統計などを見る時に参考にしている。

 

 

先週、イタリアに発注して今日これ届きました!!

先日、ネットで注文したイタリアのオリーブオイルガイドブックFLOS OLEIが今日、到着しました。2013、2014、2015年の3冊です。

FLOS+OLEI

FLOS OLEIとはMARCOOREGGIA社が発行する世界の良質なオリーブオイルを紹介するイタリアのガイドブックでオリーブオイル版ミシュランガイドブックみたいなものか。イタリア語と英語で書かれています。日本産のオリーブオイルも幾つか紹介されていますが、日本語版は残念ながらありません。中立の立場でオリーブオイルのテイスティングと独自の判定をしている(と、「エキストラバージンの嘘と真実」に出てました。)これ読むのが楽しみです!!

 

カテゴリー: オリーブオイル, 極上有機オリーブオイル直輸入への道   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です