【2015年冬イタリア訪問3】接ぎ木で復活するオリーブに思わず目頭が熱くなる!!


 

先週イタリアから帰国しました。
ところでイタリアでは3世代、10人以上もの大家族の老若男女が長テーブルに座ってみんなで食事を摂るシーンをよく見かけました。現地の方に聞いたら同じイタリアでも南部ではこのスタイルが多いそうです。しかもどのテーブルも楽しそうにワイワイと良くしゃべりながら美味しそうに食べていたのが印象的でした。

http://www.dreamstime.com/stock-image-table-italian-restaurant-wooden-antique-furniture-image41781361

※イメージ画像です

そこで思い出すのが「Amore 愛して、Cantare 歌って、Mangiare 食べて」というフレーズ。(このケースではAmoreは関係ないか・・。Amoreと言えば年末の紅白に中森明菜出てたなあ。これもっと関係ない。)念のためイタリアでのこの言葉の位置付けを確認しようとググるも見当たりません。その代わりこちらの東京のイタリア文化会館の見解によれば、イタリアではこんな文言は存在せず、どうやら日本の観光業界が名付けたステレオタイプのイタリア文化の表現ではないかと。

えー???そんなこと全く知りませんでした!!

まあ、イメージは近い気もしますが、イタリア人が四六時中こんな感じじゃないことは当然のことですが、だいぶ分かってきました(笑)

 

老齢オリーブでも実はできる

後半に訪問したオリーブ農園で見た木が太くて大きい老齢な樹木ばかりなことに驚きました。これなんか樹齢約300年って言ってました(確か・・・)

2015w_it_b5_convert_20150126085332

しかし、老齢な樹木でもオリーブの実はきちんと実るそうです。更に驚いたのはこのような老齢な木があまり実を付けなくなった場合でも樹木として生きていれば、枝を切り落としてそこに若い別の枝を接ぎ木するとまた大きい実を付けることができるというのです。その画像がコレ!!真ん中の太い幹の右側面に斜め上方に生えているツルっとした表面の枝が接ぎ木した枝です。

2015w_it_b6_convert_20150126085356

接ぎ木してから20年経っているそうでオリーブの木の生命力の強さに驚いた次第です。

 

新しいオリーブの枝を継ぎ足して見事復活!!

ところでオリーブの枝を伸び放題に放っておくとオリーブの実の数は増えても個々の実の大きさは次第に小さくなり良いオリーブオイルが出来なくなるそうです。それを防ぐためにオフシーズン(1~3月)に枝を切る「剪定」を行います。剪定した枝葉は刻んで肥料として土に戻すとのこと。化学肥料を使わずに作物から排出したものを再利用することはオーガニックの考え方です。そしてその余った枝を土に植えてオリーブの木を育てたり(挿木)、既存の古いオリーブに接ぎ木させて新しいオリーブを育てるのだそうです。

 

昔と今を繋ぐオリーブの木

人間の骨が骨折したら時間の経過と共に骨折した骨と骨は自然にくっつきますが、オリーブの場合は他人(他木??)の枝でも既存の古木に接していれば時間の経過と共にくっつく驚異的な繁殖力に驚かされます。生まれてから数百年(場所によっては千年単位の木も!!)経っても現役で実を付けるオリーブの生きる力に思わず目頭が熱くなるのでした。

 

カテゴリー: 2015年冬イタリア訪問, オリーブオイル, オーガニック   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です