スペイン産オリーブに異変!!スペインがくしゃみをするとイタリアが風邪を引く?!


 

 

 

世界最大のコーヒー生産国ブラジルで干ばつが起きており、以前、関連エントリーを幾つか書きました。

世界第1位のコーヒー生産国ブラジルの干ばつでコーヒーは値上げになるのか?

コーヒー豆が豊作でも凶作でもなぜ小売価格にあまり影響ないのか?

そして日本で高級コーヒーとして有名なブルーマウンテンも生産が落ちていて価格が高騰しているらしいです。ブルーマウンテンの生産の80%が日本向けだということもわかったわけですが。

なぜブルーマウンテンコーヒーは殆ど日本向けなのか各方面に聞いてみた!!

ところでブラジル以外のエリアで干ばつの状況はどうなのか調べてみたら、他も結構凄いことになってました。

 

 

世界各地に広がる干ばつ被害

現在、世界で幾つかのエリアで干ばつの被害が広がっているようです。

アメリカ西部(カリフォルニア州)

アメリカ・カリフォルニア州の58%が異常な干ばつにあるとのことで国立干ばつ軽減センターの基準で最悪の段階にあるそうです。その結果、世界シェアの80%を占めるアーモンド生産へ影響が出ているとのこと。損失はアーモンドだけに留まらず州全体の経済損失はおよそ1,700億円。影響はカリフォルニア州のみならず全米にも広がり、食品価格が去年より約3%値上がりすると見られていている。

(参考)

カリフォルニア州の干ばつが過去最悪のレベルに達している(マップ)

米西部の干ばつでアーモンドがピンチ!

米・カリフォルニア州、記録的干ばつで大打撃

http://www.dreamstime.com/stock-image-california-drought-1-image37473021

※カリフォルニア。イメージです

 

中国東北部(遼寧省・河南省・内モンゴル自治区など)

大豆、大麦、コメなど食用作物の主要生産地である中国中部の河南省では降雨量が通常の半分以下に落ち込み、40年ぶりの深刻な干ばつになっています。内モンゴルでは4月以降続く干ばつで農地と牧草地に被害が出ている。

(参考)

深刻な干ばつで中国の農業生産に打撃

中国河南省で「63年来もっとも深刻な夏の干ばつ」

中国遼寧省、過去63年で最も深刻な干ばつ 農作物に被害

これを裏付ける気象データがありました。米海洋大気局によれば2014年6月の陸海上の世界平均気温が観測史上最高の16.22℃だったそうです。アレ?10℃台??と思われるかも知れませんが、世界中の平均なので。

(参考)

6月の世界平均気温、観測史上最高を記録

 

スペイン アンダルシア地方

そして何と世界最大のオリーブ生産国スペイン・アンダルシア地方でも5月、6月に干ばつに襲われ、水分の必要な開花期のオリーブの木が大きな被害を受けており、その結果、オリーブ供給が不足して価格の上昇が懸念されているというのです。

 

スペインの干ばつでオリーブオイルに大打撃の可能性

干ばつの影響で今年のスペインのオリーブ収穫量は、前年を40%ほど下回る可能性があるとのこと。

ウォールストリートジャーナルによれば;

スペインは2年前の12年にも、猛暑でオリーブの8割に被害が出て、出荷価格が30%程度上昇した。アンダルシア州政府の統計によると、オリーブオイルの小売価格は12年10-12月期に13%ほど上昇。米国の関税統計でも、欧州産オリーブオイルの価格は同じ時期に8%上昇した。

 

ということはイタリア産にも影響があるかも・・・

スペイン産のオリーブオイルが船積みされてイタリアで瓶詰めされMade in Italyとして流通していることを以前のエントリーでも書きました。この辺の価格にも恐らく影響してくる筈なのでイタリア産にも影響を与える可能性があります。まあ、世界最大のオリーブ生産国なのでいずれにせよオリーブマーケット自体に影響を与えるのでしょう。参考までに6月下旬から7月初旬にイタリアのオリーブ農園を訪問した時にトスカーナ地方では降雨、プーリアではスプリンクラーによる散水で水やりが行われていました。ちなみにイタリア農園で聞いた限りでは生産については例年通りのようでした。

 

カテゴリー: オリーブオイル   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です