ラバッツア | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

ラバッツア

イタリア・トリノで1895年に創業したラバッツァはイタリア国内のコーヒー小売市場シェアでNo.1を占め、世界100カ国以上で愛飲されているイタリアの有名コーヒーブランドです。スカラ座(ミラノ)、ニューヨーク現代美術館(ニューヨーク)、ホテルリッツ(ロンドン、パリ)、フォーシーズンズホテル(ミラノ、ニューヨーク)など、世界の一流レストラン、高級ホテルからバールまで採用されています。
世界30ヶ国以上から厳選したコーヒー豆を複数使用し、産地別のコーヒー豆を別々に焙煎した後でブレンドするため、コストはかかりますが、それぞれのコーヒー豆の味わいが最大限引き出され、本物のイタリアンコーヒーが実現するゆえんになっています。また熱風による独自の長時間焙煎によって生み出された味わいは、苦いだけの深炒りのローストとは一線を画しています。
ラバッツァのトレーニングセンターではイタリアのエスプレッソ文化に関する情報を世界中に発信しています。大きく分けて2つのユニット、コーヒーの設計とエスプレッソスクールから成るトレーニングセンターでコーヒーへの情熱が、伝統、そして実験と革新に溢れた才能にぶつかりあう場を創り出しています。日本では東京と大阪に設置されています。
また、日本では東京・原宿にラバッツァブランドのカフェとして「ラバッツァ原宿店」を展開し、コーヒーや軽食を提供しています。