ファーストシューズ | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

ファーストシューズ

ファーストシューズイメージ

寝ているだけだった赤ちゃんが、寝返りをして、はいはいするようになり、つかまり立ちしてと、成長していく様子は親にとってこの上なくうれしいもの。歩き始めると、ママもパパも大喜びですよね。

歩き始めの1歳頃の赤ちゃんの足は、まだまだ未完成。骨はとても小さく、足の裏も全体的にプニョプニョとしていて柔らかく、土踏まずもまだできていません。足の運びも不安定で、転びやすいのも特徴です。

このような時期だからこそ、ファーストシューズは慎重に選んであげたいものです。

靴は外側からの危険を防ぐだけでなく、発達途中の赤ちゃんの足を、丈夫で健康な足に育てるためにも、大事な役割を担っています。ポイントは、かかとが固く、足をまっすぐに支えてくれるもの。甲の部分をひもや面テープでしっかりと押さえることができるものがいいでしょう。

赤ちゃんの足が内側や外側に向いていることを気にするお母さんもいるようですが、まずは足をしっかり支えてくれる靴を選んで履かせること。たくさん歩くようになり、歩くのが上手になるにしたがって、そのような悩みもしだいに解消されるはずです。