妊娠中から葉酸摂取 | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

妊娠中から葉酸摂取

鉄分やカルシウムなどと並んで、妊娠中特に必要といわれる栄養素のひとつに「葉酸」があります。葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害(二分脊椎症)のリスクをさげる効果があると言われています。

葉酸は、細胞の増殖、組織や臓器の形成に不可欠な働きがあり、「赤ちゃんのビタミン」とも呼ばれています。赤ちゃんの脳と脊椎は、妊娠初期の6週目までに完成しますから、できれば妊娠を考えているときからの摂取を心がけましょう。

ほうれん草や春菊などの葉物野菜、ブロッコリーやアスパラガスなどの緑黄色野菜をはじめ、いも類やオレンジ、グレープフルーツなどの果物、レバーや卵黄、豆類、納豆、のり、緑茶に多く含まれています。これらの食材を、日々の食事に取り入れるように心がけましょう。

葉酸を含んだサプリメントなどの補助食品もたくさんあります。手軽に摂取できるので、摂取方法はきちんと確認した上で、上手に取り入れていきましょう。