病院の違いと選び方 | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

病院の違いと選び方

「妊娠かも?」となった場合、どこの病院に行けばいいのでしょうか? 基本的には、産婦人科がある病院ならどこでも大丈夫です。

病院といっても、総合病院、大学病院、個人病院・産婦人科専門病院、個人産院、助産院などいろいろあります。

「総合病院」は産婦人科のほか小児科や内科など複数の診療科がある病院。「大学病院」は医科大学の付属病院で最新の医療設備があるのが特長ですが、医学部の学生や看護婦が実習するケースもあります。

「個人病院・産婦人科専門病院」は総合病院と個人産院の中間くらいの規模の病院。「個人産院」は個人が開いている産婦人科の専門産院。「助産院」は助産婦さんが開設しており、健康な妊婦さんの健診や出産介助を行います。医師はいませんが医療施設と連携しています。

産婦人科や助産院でも最近は出産は受けないところもありますから、あらかじめ確認しておきましょう。

出産に向けて何度も通うことになりますし、出産後も赤ちゃんの検診で行くことも多くなります。なるべく近く、通院に便利なところで、周囲のママ友や先輩の話も聞きながら、選びましょう。その病院で出産した経験のある人の意見はとても貴重。もちろん、自分で行ってみて、自分で確かめることが必要です。

妊娠前に検診や検査で利用してみるのも良い方法です。病院選びは早めにスタートさせるといいですね。