2014年に世界のオリーブオイル生産量2割減の要因は? | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

2014年に世界のオリーブオイル生産量2割減の要因は?

Olive Oil Timesに1893年創業ドイツの遠心分離機メーカー、GEAウェストファリアセパレーターのスペイン法人が世界のオリーブオイル生産についてまとめた記事があったのでご紹介します。遠心分離機は採集したオリーブの実からオリーブ滓、オリーブオイル、水分の3種類に分離してオイルを取り出すために使われます。下の画像はイタリア出張時に見学したトスカーナのオリーブオイル組合にあったPIERALISIというイタリアメーカーの遠心分離機。この組合では搾油設備を持たない農家の方がオリーブの実を持ち込みます。搾油シーズンには朝から晩まで機械待ちの行列ができるとのこと。急いで搾油しないとオリーブの実がどんどん酸化してしまうのでどの農家も時間との闘いのようです。要するにオリーブオイル製造に使われる機械のメーカーなのでこのような予測をしているようです。

enshinbunriki_convert_20141005005516

 

 

2014年の世界のオリーブオイル生産は減少

引き続きこの記事によればGEA社によれば世界のオリーブオイルの生産数量は気候の影響により、3,300,000トン(2013年度)→2,618,000トン(2014年度予想)と約20%も減少するようです。

olive_GEA

世界各国の主な生産状況は以下;

◾ギリシア、イタリアで生産量が増えている。イタリアの生産量はプーリア、アブルッツォ、ウンブリア、カンパニアでの出来が良いため15%増えて45万トンになる。
◾スペインの生産量は世界全体で36%まで減少し、96万トンとほぼ半分になると推定される。
◾アメリカの生産量はモロッコ、ニュージーランド、チリと同様に減少して、具体的には19%低下すると予想される。

 

 

干ばつで生産量半減のスペインが最大の要因!!

世界のオリーブオイル生産20%ダウンの主な要因は世界第1位のスペインの生産量が半分になるためと思われます。スペインについては以前のエントリーでこんなことを書きました。

 

スペイン アンダルシア地方

世界最大のオリーブ生産国スペイン・アンダルシア地方でも5、6月に干ばつに襲われ、水分の必要な開花期のオリーブの木が大きな被害を受けており、その結果、オリーブ供給が不足して価格の上昇が懸念されているというのです。

 

スペインの生産量低下は干ばつの影響と思われます。しかし、スペイン国内のオリーブが大打撃を受けているのにも関わらず2014年上半期の輸出は昨年同時期に比べて76%アップだったようです。これはまだ2014年のオリーブ摘み取り時期ではないので上半期は昨年の搾油でしょう。今年の10月から来年1月にかけては逆に40%減るようで、今年の摘み取り分としては干ばつの影響を受けるものと思われます。

2014年はコーヒー豆も世界最大の生産国ブラジルの干ばつによりかなり打撃を受けているようです。