禁煙と受動喫煙 | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

禁煙と受動喫煙

妊娠中の喫煙が赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼすことは、誰でもご存知のことでしょう。煙草のニコチンは血管を収縮する作用があるため、流産や早産の確率が高まったり、お腹の赤ちゃんに十分な酸素がいかなくなり、発育が妨げられて低出生体重児になる可能性が高いと言われています。

また、ママが喫煙しなくても、一緒に暮らすパパや家族からの受動喫煙によってほぼ同じような影響が出ることも指摘されています。

喫煙の悪影響は、妊娠中だけではありません。誕生後も、受動喫煙によって、乳児突然死症候群が起こりやすくなるという指摘もあります。また、赤ちゃんの気管支炎や肺炎、ぜんそく、中耳炎などの要因になるとも言われています。

さらに、タバコが身近にあることで、赤ちゃんがタバコを誤飲してしまうことがあります。タバコをそのまま食べてしまうこともありますし、空き缶に吸い殻を入れてその水を飲んでしまうと、命に危険を及ぼすこともあります。

ママはもちろん、パパも妊娠・出産を禁煙のきっかけにしませんか。赤ちゃんのためはもちろん、ママやパパの健康のためにも強くおすすめします。