保育施設の選び方 | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

保育施設の選び方

仕事をするなら、子どもを保育施設に通わせることになります。保育施設の選び方は、各家庭の考え方にもよりますが、厚生労働省で「よい保育施設の選び方、十か条」という指針を示しています。次の10個です。

1.まずは情報収集を。2.事前に見学を。3.見た目だけで決めないで。4.部屋の中まで入って見て。5.子どもたちの様子を見て。6.保育する人の様子を見て。7.施設の様子を見て。8.保育の方針を聞いて。9.預けはじめてからもチェックを。10.不満や疑問は率直に。

私立保育園はもちろん、公立の保育園でも、園によって保育の方針は異なります。園の規模や立地条件によって環境もさまざま。子どもたちの日中の過ごし方も違ってくるので、直接見学に行くことがとても大切です。わからないところや不明な点があれば、どんどん質問しましょう。地元の市区町村の保育担当の窓口も相談にのってくれます。