たまには子どもを預けて | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

たまには子どもを預けて

たまには子どもを預けてイメージ

子どもを預けることに対して周囲の目を気にしたり、なんとなく罪悪感のようなものを持ってしまうママもいるでしょう。特に専業主婦なら、なおさらかもしれません。

しかし、核家族化、住居の密室化が進んだ現代、母親の精神的な負担が大きくなっているのも事実。
子どもと向き合うことに疲れを感じたら、ママにも休憩が必要です。そんなときは、託児サービスを利用してみましょう。

デパートや大規模ショッピングセンターなどには、子どもを時間預かりしてくれる託児施設があります。また最近は、公立保育園などの一時預かりも、少しずつ増えているようです。

預けている間は、買い物したり、映画を見たり、自分のための時間を楽しみましょう。
どこかに出かけなくても、自宅で、リラックス効果の高いハーブティとケーキでちょっと贅沢なティータイムもいいですね。
そんな時間を持った後は、心にゆとりが戻ってきて、子どもにも優しく接することができそうです。