母乳で育てるために | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

母乳で育てるために

赤ちゃんを母乳で育てたいと思ったら、スタートが肝心。

母乳育児をすすめる産院も増えてきましたが、ミルクと併用する産院もまだたくさんあります。出産前から医師や助産師さんに、母乳で育てたいという気持ちをしっかり伝えておくことも大切です。そうすることで、適切なアドバイスももらえますし、母乳育児に関する情報も集まりやすくなります。

入院中は母乳がよく出ていたのに、退院後、おっぱいの出が悪くなったというケースも少なくありません。生後1カ月くらいまでは赤ちゃんとの生活のペースもつかめませんし、なにより、初めての出産と育児でママの体は疲れきっています。疲労や寝不足は、母乳の出にも影響するので、できるだけ赤ちゃんと一緒に横になるなどして、体を休めましょう。

精神的な問題も母乳の出に大きく影響します。周囲から母乳の出についてあれこれ言われても、あまり気にしないで。ママのおっぱいのことを一番わかっているのはママ自身、そして目の前の赤ちゃんです。自信をもって、ゆったりとした気持ちでおっぱいを飲ませましょう。

母乳にカフェインが出るのではと気にする方もいますが、カフェインが入っているコーヒーなど、数杯飲むのは影響ないと言われています。ママが気分転換できるなら、コーヒータイムを楽しみましょう。気になる場合は、ノンカフェインのハーブティなどがおすすめです。

1カ月健診で成長を確認してもらえば、むやみに不安になることはありません。