母乳後にすぐ泣く | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

母乳後にすぐ泣く

母乳をあげた後、ほとんど時間が経っていないのにまた母乳を欲しがるように泣くことがあります。特に生まれたばかりの赤ちゃんに多く見られます。

そんなことが度重なると、「母乳が足りないのかも」と心配になりますね。でも、すぐに粉ミルクを足したり、粉ミルクに切り替えるのはちょっと待って。

これは赤ちゃんにまだ授乳リズムができていないから。おっぱいを飲み始めても、あまりお腹がすいていなくてすぐに飲むのをやめてしまうこともありますし、お腹がいっぱいになる前に眠ってしまって、目が覚めるとまたおっぱいを欲しがっていることもあります。

でも大丈夫。成長に従い、赤ちゃんにもだんだんとおっぱいのリズムができてきます。必要な量をしっかり飲むことができるようになり、授乳間隔も一定になってくるので、しばらくは辛抱しましょう。基本的には、赤ちゃんの飲みたいときに飲ませてあげればよいでしょう。

母乳の場合、飲み過ぎと言うことはありません。母乳の赤ちゃんの方が、ミルクの母ちゃんよりも、太っているケースもありますが、歩き始めると体型はほとんど変わらなくなります。

母乳をあげてもぐずることが多いようなら、何か別な原因かもしれません。心配な場合は、小児科医や助産師に相談してみましょう。