卒乳後のおっぱいの張り | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

卒乳後のおっぱいの張り

卒乳のタイミングはそれぞれ。いつまでにしなければならないというものではありません。

赤ちゃんが離乳食を食べるようになり、次第に母乳を飲まなくなって、というように、赤ちゃんの成長によるタイミングもありますし、仕事復帰などママの理由からどうしても母乳を止めなくてはならない場合もあるでしょう。

赤ちゃんがおっぱいを吸う回数が減ると、おっぱいも張らなくなり、自然に止まることが多いようです。しかし、母乳がよく出る人は、赤ちゃんがもう母乳を欲しがらなくなっても、なかなか乳房の張りが収まらないことがあります。放っておくと乳腺炎になることもありますから、おっぱいケアをしましょう。

ポイントは、おっぱいを貯めておかないこと。張りがおさまらないときは、一日に数回しぼるようにします。ちょっともったいないですが、しぼった分は処分します。くりかえしているうちに、だんだんと自然に出なくなります。

なかなかおっぱいの張りがおさまらないときには、水分を控え、乳房が熱を持たないように冷やしましょう。それでもおっぱいが止まらない場合は、産婦人科医に相談しましょう。