授乳中の赤ちゃんの困った | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

授乳中の赤ちゃんの困った

赤ちゃんにおっぱいを飲ませているときに困ったことといえば、代表的なのは次の二つではないでしょうか。

ひとつは、赤ちゃんがおっぱいを飲みながら眠ってしまうこと。
おっぱいを飲んでいる赤ちゃんは汗びっしょりになっていることがあります。それだけ赤ちゃんは体力を使っておっぱいを飲んでいるのです。ですから、特に生まれたばかりの赤ちゃんは、まだおなかいっぱいになっていないのに疲れて眠ってしまうことがあります。

いつもより飲む量が少ないようなら、ほっぺたを軽くつついたり、足をくすぐったりしてみましょう。半分眠りながら飲み始めることもあります。成長して体力がついてくると、途中で眠ることもなくなります。

もう一つは、おなかいっぱいなのに、赤ちゃんがおっぱいをくわえたまま離さないこと。

無理に乳首を引っ張ると乳首が傷ついてしまうことがあります。そんな時は、ほっぺたを2本の指で軽くつまんでみましょう。赤ちゃんの口が開くので、そのすきに乳首を離します。