よく吐く赤ちゃん | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

よく吐く赤ちゃん

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んだ後に、吐いてしまうことがあります。飲む時に、空気も飲み込んでしまうため、げっぷとして空気を外に出すのですが、その時に飲んだおっぱいも一緒に吐くのです。たびたび吐く子も、あまり吐かない子もいますし、飲み過ぎによって吐きやすいこともあるようです。

赤ちゃんの胃はまだ未完全で、大人と違ってとっくりを立てたような形になっています。しかも、胃の入り口を占める筋肉の働きがまだ弱く、ちょっとしたことでも胃の中のものが逆流してしまうのです。成長に従い、2~3カ月か、遅くとも1歳頃までには自然に吐かなくなるようです。

しかし、まれに病気によって吐くこともあります。
赤ちゃんによくある噴門弛緩症という病気は、噴門という食道と胃をつなぐ括約筋のしまりが悪いために、おっぱいを吐いてしまうというもの。

あまり頻繁に吐いたり、体重が増えなかったり、ずっと機嫌が悪い、吐いた物に血や粘液などが混じっている場合などは、早めに小児科に受診しましょう。