離乳食は手作り? | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

離乳食は手作り?

そろそろ離乳食スタートという時期になると、育児書を片手に離乳食作りに取り組むお母さんも多いことでしょう。でも、作り方は育児書通りにしても、どのくらいの硬さにしていいのか、味はどうなのか、ちょっぴり不安になりませんか? たとえば歯茎でつぶせるくらいの硬さといっても、なかなか分かりにくいのではないでしょうか。

そんな時は、ベビーフードを使ってみるものおすすめです。最近ではベビーフードの種類も多様になり、現在は500種類以上あるといわれています。そのままで食べられるものから、お湯で温めるウエットタイプや、お湯を加えて食べるドライタイプなどいろいろあります。
まずはお母さんが味見してみましょう。硬さや味付けなど、離乳食作りの参考になります。

メーカーや種類による味の違いもあります。濃い味に慣れると薄味を食べなくなるので、まずは薄味から選ぶようにしましょう。

栄養的にもう一品欲しいなというときにも、重宝します。野菜を柔らかく煮てつぶしたものに、味付けとして利用するという方法も。手作りを基本にするにしても、ベビーフードも上手に取り入れていくと便利です。