赤ちゃん用マグ | オリーブオイルソムリエ&マスターオーガニックコーディネーターの「ビオイッシモ」

赤ちゃん用マグ

生後3~4カ月頃になると、哺乳びんに手を伸ばして自分で持ちたがる赤ちゃんもいます。そのような時には、取っ手がついている赤ちゃん用マグを利用するといいでしょう。最初は上手につかめないので、ママが手を添えてあげて。だんだんと自分でつかんで飲めるようになります。

いろいろなメーカーのものがありますが、コップに取っ手がついていて、成長に合わせて吸い口をニップルからストローなどに変えられるものが多いようです。飲み口と本体と、パーツをいくつか組み合わせて使うため、ミルクや果汁などの汚れが細かい目地などに残ることがありますから洗うときは丁寧にしましょう。

また、哺乳びんの飲み残しはその都度捨てて、新しく作るという意識が浸透しているようですが、赤ちゃん用マグの場合は、飲み残しを容器に入れたまま保存してまた飲ませるというケースも多いようです。中身や保存の時間にもよりますが、冷蔵庫を過信するのは危険です。飲みきれる分だけを入れて与え、使用ごとにこまめな洗浄を心がけましょう。